子どもを通して知り合ったママと仲良くなり、ランチをしたり他愛のない会話をしていく中で自然と出てくるのがゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇中に何をするかという話。

「夏休みはどこか行くの?予定は?」

と聞かれたら、気がねなく話せるママ友であれば「○○へ旅行に行くよ」と答えますよね。

でもそんな時、悩むのはお土産の事。

旅行へ行くと言った手前お土産なしというのは失礼だし、かといって買って相手に気を遣わせてしまったら…?

ママ友へのお土産について私の考えも含めてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ママ友に旅行のお土産は必要?

ママ友へのお土産は、無理して買う必要はないと思います。

ですが普段から仲が良く、子どもの事もよくしてもらっているのであれば、日頃の感謝の気持ちを込めてちょっとしたものを買うのも良いのではないでしょうか。

年頃の子どもからも「○○ちゃんに買っていきたい、お揃いのものをあげたい」などと言うかもしれませんし、その場合はキーホルダーとか、普段から使えるハンカチや文房具などもかわいいですよね。

スポンサーリンク

ママ友にあげる旅行のお土産おすすめは?

あまり高価なものだと相手に気を遣わせてしまうし、金銭的にもキツくなってきてしまいますので、500円以内のお菓子なんていかがでしょうか?

例えば、巾着袋やイラストが入った缶は見た目も可愛らしいし、その後も使えますのでお勧めです。

家へ招く事があるならその時に「この前旅行に行ったので良かったらどうぞ」と茶菓子として出しても良いかと思います。その買ったものがきっかけで話に華が咲くのも楽しいかもしれません。

長期休暇中に食べ物のお土産を買った場合は生物だとすぐに傷んでしまうので賞味期限が長めの焼き菓子などが良いでしょう。

相手も帰省やどこかに出掛けていてすぐに渡せない場合がありますので、1~3ヶ月保存できる物の方が安心ですよね。

渡す相手が複数いる場合は数種類のものを買って分けて小袋に入れるのが良いかと思います。

この場合「兄弟や旦那さんにもどうぞ」と家族の人数分用意する方がいますが、それは余裕がある時で大丈夫です。

だいたいはママ友と自分の子どもの同級生の子の分だけ渡します。

以前私が貰った時は「数少ないからママの分だけ…夜こっそり食べてね」と言われた事がありましたが、子ども中心の生活の中で“ママの分だけ”というのはなかなか無いものなのでママ友の気遣いには嬉しく思いました(^▽^)

まとめ

旅行中のお土産選び…お店を見て回るだけでもウキウキしますよね。

普段お世話になっているママ友へ何か買っていこう、何が喜ぶかな?と考えるのも楽しみが一つ増えて良いと思います。

でも決して無理はしなくて大丈夫ですよ!

ママ友へのお土産は必ずしも買わなければいけないというものではありません。

時間とお金に余裕がある時に、相手に気を使わせない程度の簡単なものにしておきましょう。

スポンサーリンク


☆ランキング応援よろしくお願いいたします! にほんブログ村 子育てブログへ